LOGO

LOGO
TOP
LOGO

LOGO

■「アイスコーヒー」始めました!
アイスコーヒーはアイスコーヒー用に焙煎されたコーヒー豆を使用する。深煎り、中~細挽きが良い。アラビカ豆が適するとも云われている。熱いコーヒーの温度を徐々に下げるとタンニンがカフェインと結合し結晶化して白く濁るクリームダウン現象がおきる。そのため、コーヒーを抽出したあと、氷に注ぐなどして、急激に冷やす方法が良いとされる。
氷に注いで冷やす場合は、氷が溶け込んで味が薄くなるので、豆を挽いた粉の量を多めにして濃い味のコーヒーを作ると良い。ドリンクバー等、機械で作る場合は、予め濃いコーヒーが出るよう設定されていることが多い。


LOGO

■Cafe Space

*サンプロセスにも「カフェ・スペース」が出来ました、弊社にお越しの折は是非お立ち寄り下さい。勿論、無料ですよ〜
この際ですから「カフェ」についてちょっとお勉強。

●カフェって?
カフェは、本来コーヒーの意味です。転じて、コーヒーなどを飲ませる飲食店を意味するようになりました。ヨーロッパの都市に見られるある種の飲食店を意味し、特にパリやウィーンのものが知られています。新聞や雑誌がそこで読め、時の話題について談笑し、情報交換のできる場所として親しまれています。

CAFECAFE

●パリの典型的なカフェ。
街路に面し、歩道にせり出してテーブルや椅子が置かれています。店内にはカウンターやテーブル席もある。一般的に、立ち飲みとカウンター席が最も安く、次に店内テーブル席となり、テラス席が一番高い(1物3価方式)。店のある場所やメニューによって違いがありますが、テラス席はカウンター席のおよそ2-3倍くらいと考えてよい。給仕は原則としてウェイターで、用を頼みたい時は「ムッシュ」(英語の「ミスター」相当)と呼びかけます(「ギャルソン」という呼び方は現在では侮蔑語になるので使わない)。
カフェを頼むと、エスプレッソが出てくるため、日本でいう普通のコーヒーを注文する場合は、特に「カフェ・アロンジェ」と注文する必要があります。その他、ビール、ワイン、サンドイッチなどを置いている。
基本的にパリのカフェには有名店以外クーラーがないため、盛夏時は比熱の関係で涼しい店内テーブル席やカウンター席に座る人が多い。冬はもちろん店内席の方が暖かい。有名店には、冬でもテラス席に座りたい人のために、テラス用屋外ヒーターを設置している店もあり、トワレは地下にあるのが普通です。

●日本のカフェ。
日本では、明治時代の終わりに大阪の箕面市でコーヒーを提供する「カフェー・パウリスタ」が開店しました。また、同時期、銀座にカフェー・プランタンが開業しました。パリのカフェのような芸術家の集まるサロンを目指したが、本場のカフェでは男性が給仕をするのに対し、プランタンでは女給を置いた。これが評判になり、その後のカフェーといえば、社交喫茶など風俗営業の業態に変質していきました。
現在ではほぼ喫茶店等飲食のできる、カフェバー、インターネットカフェ、オープンカフェなどのような業種の総称として使われています。2000年代よりカフェブームが起こった。
 

LOGO

OJISAN

WHAT
WORKS
UNIVERSITY
WONDERLAND
ABOUT
CONTACT

RECRUIT

PRIVACY

FISH

UP

COPY