LOGO

LOGO

LOGO

無駄を出さない印刷屋を目指して


私たちが掲げる「無駄の無い印刷屋」とは、印刷工場のコスト削減をすることだけではありません。 私たちの工場内の製造環境だけでなく、お客様の手元に届いた印刷物が、無駄なく効果的に使われるという意味も 含んでいます。
無駄のない工場で製造し、無駄なく使用されるお客様があってこそ「無駄の無い印刷屋」になれると考えています。 この思いを実現するためには、私たちだけではなく、お客様のご協力が必須の条件なのです。


サンプロセスは、印刷物の利用状況に応じた発注方法と多様的な使用方法をお客様と共に考え、 総合的に無駄を出さない印刷の仕組みづくりをご提案していこうと考えています。


世界中で廃棄される食糧は、生産量の約30パーセントにあたる年間約13億トン にものぼると言われています。
このような情報に触れると、誰もが「もったいない」という思いを抱くことでしょう。 印刷物でも同じような現象が起こっています。それはお客様に納めた印刷物のう ち、使われることなく廃棄され無駄になってしまう分が、調査では総納品数の20 ~30パーセントを廃棄しているとみられます。
このような無駄になる印刷物を作り続けることは、 企業としての社会的責任を果たしているとは言えません。


印刷物の無駄は、発注、印刷加工、在庫管理、納品後の使用状況といったそれぞれの工程に潜んでいます。
サンプロセスでは自社の最適だけではなく、社会全体と調和のとれた全体最適を考え、無駄の撲滅を経営理念に掲げ、無駄を出さない、作らない、無駄の無い印刷会社をめざしています。


QUALITY




環境問題やニーズの多様化に対応


今日、環境問題や好みの細分化、ニーズの多様化といったマーケットの変化に対応するために、 世界は必要なタイミングで必要な分だけ生産する体制へとシフトしています。印刷物の生産体制も、既に変わるべき時を迎えているのです。
サンプロセスは無駄をなくす努力を続けていますが、その実現を支えるのはもちろん印刷現場です。


現在の印刷会社は設備も高度化しておりスキルレスの自動化も進んでいますが、ではそこに無駄はないのか?というとまだまだ工夫の余地はあるのです。
当社の社員たちはこの高度な機械に対しても、品質の安定と無駄の削減を目指し、運用技術の向上に取り組んでいます。
ご要望の細分化や機械の高度化はこれからも進んでいきますが、培った技術の向上と探究心を忘れない人材力で お客様の印刷物作りを支えて参ります。


QUALITY




効率化と高品質・コスパを実現


最新の印刷技術で優れたコストパフォーマンスを。

急激に押し寄せたデジタルの波は業界自体の根本を変えました。印刷物は今やデジタルなしでは語れない時代になりました。
サンプロセスでも早くからデジタル化に取組み、デザインから印刷までフルデジタルシステムを採用しています。
デジタルカメラからダイレクトに映像をデータ編集し、製版フィルム出力やCTP出力(刷版印刷)までの効率化でクオリティーを高めました。


また、従来のアナログ写真・ポジ入稿や版下にも対応して柔軟な体制を整えています。
現在では製版フィルムを介さずにダイレクトに印刷するCTP出力(刷版印刷)やオンデマンド印刷(デジタル印刷)の導入を行い、カラーマネージメントによる高品質でより早く、より美しい印刷物作り、バリアブル機能を生かした高次元での安定供給とローコストでの幅広い対応力をコンセプトに、日々努力を重ねています。


磨き上げられた技術とデジタルの融合。
より美しくハイクオリティな印刷を実現する為、たゆまぬ設備の充実に取り組む 一方で、スタッフの技術向上には特に力を入れており、対応力のあるプロ集団を 作り上げています。
アナログ工程からデジタル工程への変革でシステムの流れが大きく変わりました。私達は長年の経験によりデジタルの良さとアナログの良さを知り尽くしています。
それぞれの長所を有機的に融合し安定した生産体制で、皆様の厚い信頼に応えられるよう努めてまいります。


QUALITY


OJISAN

WHAT
WORKS
QUALITY
PRIVACY
ABOUT
CONTACT
RECRUIT

FISH

UP

COPY