LOGO

LOGO
LOGO
LOGO

GAKUGEI

学芸大学は、1949年(昭和24年)にそれまでの4つの東京府立師範学校(東京第一師範学校・同女子部、東京第二師範学校・同女子部、東京第三師範学校、東京青年師範学校)を母体に統合してできた大学である。
その師範学校の歴史を辿ると、東京第一師範学校の源流である、1873年(明治6年)設立の東京府小学教則講習所まで遡ることができる。

全国の教員養成大学は、それまでの「師範学校」から米国のリベラル・アーツ・カレッジに倣って大学に昇格したため、それを日本語に訳した「学芸大学」・「学芸学部」を名乗っていたが、1966年(昭和41年)の法律の改正により、より大学の性格を明瞭化した「教育大学」・「教育学部」へと一斉に改称した。しかし、都内には東京教育大学(現・筑波大学)がすでに存在していたため、大学名「東京学芸大学」はそのままで、「学芸学部」を「教育学部」に、「学芸専攻科」を「教育専攻科」(1988年(昭和63年)廃止)に変更するにとどまった。
また、同年には大学院教育学研究科(修士課程)が設置された。
LOGO
1988年に、それまでの幼稚園・小学校・中学校・高等学校などの教員を養成する「教育系」に加えて、教員免許状の取得を必須としない「教養系」(いわゆるゼロ免課程)が発足した。
これにより、最近は幼・小・中・高の教員だけでなく、多様な方面へも人材を輩出し始めている。
GAKUGEI

東京学芸大学は変わります!

現在、日本の社会が大きく変化してきており、それにともなって日本の教育も大きく変わろうとしています。こうした時代にあって、東京学芸大学は新しい時代の教育を担う新しい教育者を生み出そうと考え、教育組織を再編します。

従来の教養系を教育支援系に再編し、次の7コースを設置します。
▶生涯学習コース(募集人員 35人)
 コース内に、生涯学習サブコースと、文化遺産教育サブコースを開設します。
▶カウンセリングコース(募集人員 20人)
▶ソーシャルワークコース(募集人員 20人)
▶多文化共生教育コース(募集人員 40人)
 コース内に、多言語多文化サブコースと、地域研究サブコースを開設します。
▶情報教育コース(募集人員 15人)
▶表現教育コース(募集人員 20人)
▶生涯スポーツコース(募集人員 35人)

従来の教育系を学校教育系に再編し、いくつか新しい選修、コースを設置します。
▶初等教育教員養成課程(A類)国語選修に、日本語教育コースを開設します。
▶A類に環境教育選修を開設します(募集人員 20人)
▶A類にものづくり技術選修を開設します(募集人員 10人)

※教育支援系においては、入学試験はコースごとに行います。サブコースごとには行いません。サブコースへの所属は2年進級時に決定します。
※A類国語選修においては、入学試験は日本語教育コース希望者も含めて一括して行います。日本語教育コースの独自の入学試験は行いません。
 コースへの所属は2年進級時に決定します。
※この再編に伴い、従来の教育系における選修・専攻の募集人員が変化している場合がありますので、ご注意ください。
※この再編に伴い、旧教養系5課程16専攻及びA類日本語教育選修、A類ものづくり教育の募集を停止します。


いのち輝く子どもを育てる「総合的道徳教育プログラム」

本プログラムは平成25年度で5年間の取組みを終了しましたが、サイトは引続き活用出来ますのでご利用下さい。
● http://www.u-gakugei.ac.jp/~kokoro/

●「道徳教育の未来をひろく」冊子


災害に備える

SONAERU
●職員用●学生用●学生用・英語版の三種類があります。

OJISAN

WHAT
WORKS
UNIVERSITY
WONDERLAND
ABOUT
CONTACT
RECRUIT

PRIVACY

FISH

UP

COPY